housing

なくしてしまったら

無くしたときの対応方法

あまり鍵をなくすということはないかもしれないですが、万が一無くしてしまった場合の対応方法を説明したいと思います。カギと言えば、家やお店、小屋、自転車など名前を上げればたくさん出てくると思います。ですが何かを購入してもカギというのはスペアが付いてきます。無くしたときのための鍵ということになります。ですが、全部なくしていまったり1つだけ無くしてしまった場合には鍵というのは作らなくてはいけなくなります。そこで鍵屋さんへ依頼するのです。住んでいる町に必ず1つくらいはあると思いますが、無いということも想定されますのでその時はホームセンターでも頼むことが出来ます。鍵がある場合はそれを鍵屋さんにもっていけばスペアをすぐ作ってくれます。

費用や利用方法について

鍵屋さんではどんな鍵でも作ることが出来ます。作る時間は1時間半くらいとなっていますが、注文が多ければそれ以上にかかってしまうこともあります。基本的にはそのくらいの時間があればできてしまいます。利用方法ですが、スペアがあればそれを鍵屋さんへもっていってください。もしない場合は自宅に鍵屋さんを呼ぶことになります。鍵穴を見て作ることもありますし無理な場合は鍵穴もそうですし全部交換することもあり得ますからお金がかかってしまうかもしれないです。状況によって違うということです。状況次第で変わりますので、しっかりと把握しておくことも大事です。新しく作った鍵は最初使いにくく感じるかもしれないですが、使い続けるとだんだんなじんできます。