housing

事前に調べておく

狙われている。あなたの家

他人事だと思っていませんか。あなたも狙われています。家の防犯をしっかり確認しているでしょうか。日本における一年間の全国の空き巣、または住宅侵入犯罪は、全国で60,938件(平成24年)にもおよびます。主に犯罪が集中するのは、住宅が密集している都市圏です。空き巣による犯罪の手法として最も多いのが、ガラス割りで、次に同じくらい多いのが、無施錠による侵入です。鍵きっちりとかけるだけでも、かなりの防犯になるようです。全ての出入り口や窓の鍵が壊れていないか確認し、家を出るときはすべての鍵がかかっているのか確認しましょう。個人で確認するのが大変な場合は、専門の鍵屋さんにお願いして、確認してもらいましょう。

専門の鍵屋さんにお願いしよう。

防犯のことで困ったときは、鍵屋さんに直接家の中を見てもらい、どのような防犯や鍵が必要なのか確認してもらいましょう。鍵屋さんは、どのように侵入者が浸入してくるのかを熟知していますので、より専門的な防犯ができるでしょう。そして鍵の種類も把握していますので、どこにどのような鍵が必要なのか教えてもらうことができます。防犯力の高い新しいタイプの鍵もありますので、古い鍵を付けている場合は、交換すると防犯力も上がります。鍵屋さんによっては24時間対応している所もありますので、忙しい方でも安心してお願いすることができます。ネットでさまざまな鍵屋さんのサイトが紹介されていますので、調べてみるのがいいでしょう。鍵の点検をして、安心した生活を手に入れましょう。